2015年11月7日
800x250_11月7日.jpg800x250_11月7日.jpg

2015年11月7日 無事に終了しました。ありがとうございました。
当日の様子は、こちらからご覧いただけます。

出席者からのご感想

普段から気になってるテーマだからこそ、自分なりの考えがあったつもりでしたが、さすが物凄い洞察をするパネラーはもとより、参加者の皆さんに触れられたのは良かったですね。面白かったです。有難うございました。

昨日は有意義なイベントでした。日本古来の精神文化に関する内藤さんの説明は興味深く良い勉強になりました。私は日本人の国民性や歴史などに興味を持っております。ゆっくり、内藤さんと歓談したいです。

前後予定があり、途中中座失礼しました。ドキドキだったかな~って感じです。
私も勉強不足で申し訳ないのですが、金井さんのおっしゃることは、「なっとく~」の一言ですね。
文化、環境・・それぞれ違いがあるのはいいですが、若干現実逃避している部分もいなめなくないかとと思いました。
職業によっては時間だけではなく、命張っている方もいらっしゃいますし。。沢山の溝がうまくまとまるといいな~と思うばかりです。。
またどうぞよろしくお願いいたします☆

昨日はありがとうございました。
最後までいられなかったのが残念です。
印象的だったのが、資料も発言内容も、真木さんがすごく感情的だったのに対し金井さんが客観的だったことです。
どんな時でも冷静さを失わないことも、自衛隊としての精神力でしょうか。
食の安全を訴える人もそうですが、
自分の正しさを主張して、何かを批判するというのは、何かと敵対することになりますし、戦争と発想が変わらないと思うのです。
(だからこその昨日のプログラムだったのだと思いますが)
戦わない政治を主張するなら戦わない(批判しない)市民運動をやったら説得力があるのに、と思います。
場合によっては、沖縄の基地問題のように、現地の人たちが命懸けで国と戦わなくてはならない場合もあるでしょう。
だからといって、日本中が沖縄の人と一緒に怒るのもおかしいと思います。
気持ちは理解するが「同調」せず、という「共感」の態度が平和を作るのかな、と、自分の専門のところに落としどころがいってしまいましたσ(^_^;)
またよろしくお願いします。

今回の議題:

安保法案は私達を幸せにするのか?


元自衛官で危機管理学会の理事と
国会前での市民運動のリーダー的存在。

立場や経歴がまったく異なるお二人をお招きして
平和観について対話するイベントです。

※ YOUSTREAMのネット生配信も行います。

***********************

「和文化体験パーク・道ハウス/超人ワンダーランド」
第3回プレゼンテーション
〜「和/平和」について考える〜
 「安保法案は私たちを幸せにするのか?」意見交換会

***************************

2015年11月7日(土)午後3時半〜5時半
社会起業大学にて

第1部:15:30〜15:50
「超人ワンダーランド・道ハウス」
  事業企画プレゼンテーション 発表:カシュカシュ(内藤明子)

第2部:16:00〜17:30
「安保法案は私たちを幸せにするのか?」意見交換会
  発表者:眞木 眞一氏、金井 泉壽氏 司会:吉本 精樹氏

***************************

登場者プロフィール

−−−−−−−−−−−−−−−−

眞木眞一氏
政治勉強会「みどり塾」主宰。
現在は国会前に詰めている市民活動のリーダー的存在。

中央大学通教卒業後、私立高校社会科 教師歴5年。玉川大学通教卒業後、東京都立養護学校 教師歴25年。
教職定年後、埼玉県寄居町にて、あそびとしごとの学校、もの作り発明学校を開校。
著書に「虚妄の愛」「女性総理誕生物語」
「政治と教育を見つめる視点」「小説・外務大臣」「高校生のための政治学」「続・高校生のための政治学」。


−−−−−−−−−−−−−−−−

金井泉壽氏
元自衛官。
日本安全保障危機管理学会理事。
「金井塾」塾長。

サウジアラビア王国ジェッダ総領事館、
奈良原研修センター長、東京都倫理法人会事務局長など多様な経歴を持つ。
学歴は防衛大学校、日本大学英文科、日本体育大学院、日本大学大学院などを卒業。所有資格はクライシスマネージャー、キャンプインストラクター、心理カウンセラー、エックス線取扱主任者など多数、さらに趣味は尺八・生け花・合気道など、超多彩な活動家。

−−−−−−−−−−−−−−−−

吉本精樹氏

(合)リスペクトラスト代表。
会議進行、話し方指導、プレゼンテーションのプロ。
上智大学人間学会 会員。

ゼネコン勤務中に3年間のイラク赴任を経験。退職後、27~32歳までの5年間、父が経営していた船舶製造工場に勤務。しかしコミュニケーション不全で対立、離反。和解することなく両親が他界し、父と意思疎通ができなかったことに対する大きな後悔から、
日頃から周囲の人と意思疎通がスムースにいくよう、家族ミーティングや仲直りワークショップなども開催している。

−−−−−−−−−−−−−−−−

カシュカシュ(内藤明子)

こころやまと株式会社代表。
グラフィックデザイナー、書道家、ヒーラー。
社会起業大学9期修了。
ソーシャルビジネスグランプリ2015夏ファイナリスト。

幼少より書道家に師事し、和文化に親しめる環境で育つ。
周囲に和文化のアーティストも多く、日本の伝統文化を体験できるテーマパークを作りたいと願い活動している。この件ではソーシャルビジネスグランプリ2015夏のファイナリストとしてプレゼンし、社会起業大学卒業後も同じテーマで、独自の活動としてプレゼン発表をしている。今回はその3回目。

−−−−−−−−−−−−−−−−

どなたでも、ご参加いただけます。
ぜひお気軽に、ご参加ください。


***************

【 当日の流れ 】※変更になる場合があります。

15:15〜15:30 受付
15:30〜15:45 超人ワンダーランド・道ハウスのプレゼン
15:45〜16:15 安保法案は私たちを幸せにするのか?
       15分づつ、お二人の意見を語っていただく。
16:15〜16:30 会場からの質疑応答 
16:30〜17:00 二人を囲んでワークショップ
17:25〜17:30 閉会


***************

【 第二部内のワークショップの流れ 】

1. 参加者相互の自己紹介タイム
 「私の古里と身近かに感じる政治家は」

2. ストーリーミーティング
「法案賛成、そして平和になったという物語り」
   VS
「法案反対そして平和になったという物語り」
 ・・・双方から発表 

3. 今日の発表を聞いて思ったことを発表。


***************

【 会場 】

地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
JR四谷駅 麹町口 徒歩10分

東京都千代田区 二番町2番平田ビル1階

会場案内の地図です⇒https://goo.gl/maps/n2Gsf1WT3jT2


***************

【 参加費 】

1,000円
(簡単な、お茶・お菓子・資料代として)


***************

【ネットの生配信 】

当日の模様を生配信します。
ぜひ、チャンネル登録をお願いします。

http://www.ustream.tv/channel/%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%AC%AC2%E5%9B%9E%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

***************

【 主催者 】

こころやまと株式会社

http://www.cocoroyamato.jp


***************

【 後援 】

社会起業大学
卒業生コミュニティ
ワークショップ研究部会

http://socialvalue.jp/


***************

補足:

ゲスト2人の意見を聞いた後、
会場の参加者との質疑応答が少しあって、
その後、ワークショップの流れになります。

ワークショップは、ゲーム的な要素を含みながらも
違う立場になって考える経験を共有するものです。

自分の意見を出すのではなく、
改憲派か反対派かを偶然の要素で決めて
そこからイメージで平和へのストーリーを想像してゆきます。

なので、自分の意見を出す必要はありませんし
警戒する必要もないと考えています。

ぜひお気軽にご参加ください。

講座名
対話ミーティング「安保法案は私たちを幸せにするのか?」
内容
ジャッジするのではなく、自分の理想を発見するきっかけを創ります。
違う意見を聞いて、刺激を受け、
「自分にとって理想の未来とは?」を考え、自分を変化させます。
得られるもの
各自が「自分にとっての理想」に気づき始めます。
お互いを尊重し合う気持ちを引き出します。
対象者
どなたでもご参加いただけます。
登場者
発表者:眞木 眞一氏、金井 泉壽氏 司会:吉本 精樹氏
開催日
2015年11月7日(土)
時間
15:30〜17:30
場所
社会起業大学

東京都千代田区 二番町2番平田ビル1階

持参するもの
筆記洋舞、ラクな服装
料金
1,000円(資料代、お茶代として)
申し込み方法
メール:art@kashu2.jp
電 話:090-7203-3553
フォームメール いずれかの方法にてお申し込みください。