「超人と次元上昇」

「悟り」「解脱」「神人合一」・・・など、
3次元を超えて、宇宙と一体になった状態を表現する言葉は、
世界各地に存在しています。

禅の修行をしたと言われる経営者や有名人も、世界各地に沢山います。

宗教的な修行だけでなく、瞑想、ヨガ、カバラなど、さまざまな方法で
人間は古来より、宇宙と一体になることを求めてきました。

精神的な修養を経て辿り着いた境地・・・・
無我の世界・・・・

自分があり、自分がない。全てがあり、全てがない。
「全てを受け入れ、全てを善しとする、全ての根源」
「無の境地」って、いったいどんなものなのでしょうか。


5x5.png

★ ★ ★ ★ ★

かめ.jpg

「超人には価値観の確立が不可欠」
 (by カシュカシュ)


私たちが日常的に意識できる世界は、物質の世界です。
形があるもので成り立っている、3次元の世界です。

タテ、ヨコ、高さ があり、動き回れるのが人間です。

しかし4次元ではないので、時間を超越することは
今の人間には、できません。
未来や過去に移動することは不可能です。

人間の大脳では、認識できないことが、たくさんあります。
何次元も、高い次元が存在しているのですが
3次元よりも高い次元のことは、認識できない…と言われています。

しかし、3次元とは別の次元が存在するらしいのです。
物質的なものではない世界がある。
非物質の世界。

そこは、有形物は何も無い、ただ、振動だけ。
バイブレーションだけの世界です。
「波動の世界」です。

波動は、その振動が細かくて精妙で発展繁栄の雰囲気があるものから
粗く粗雑で破壊的な雰囲気を持つものまで
グラデーションのように、振動数の幅があります。

精妙で人間に心地よい波動を放つところは
「パワースポット」「聖地」などと呼ばれ、日本では神社を建てたりしてきました。

そのような、精妙で細かい、高い周波数の波長に自分を同調させることができれば
より発展的な生き方ができそうな感じがします。

そのような大きなる宇宙と自分を同調させるためのキーワードとして
ここでは「次元上昇」という言葉を使っています。

高次元。そこは、善も悪もなく、優劣もなく、上下もなく、損得もなく、
何もなく、そして全てがある、無限の世界。。。。

その感覚と一体になれば、時間や空間を超えて、
あらゆるものと一つに繋がる感覚が得られるのかも知れません。

その感覚から生み出されたものは、多くの人にとって
「善きもの」になるのではないでしょうか。


「仏」という言葉は、「ほどけた人」→「ほとけ」と言われるという説もあります。

拘束から解けて、開放された人。縛られていない人。心が自由な状態。
遠慮なく、長所も短所も出せる人、そしてその行動が愛に満ちている人。
このような状態を、ミチハウスでは3次元を超えた人として「超人」と呼んでいます。

つまり、超人は、縛られていない、「何でもアリ」の精神を持った人です。
縛られていないからこそ、自分の力を多方面に存分に発揮できるのです。


しかし、このような人たちは、力を使う方向性を誤ると、大変なことになりかねません。
だからこそ、「超人」には「価値観」の確立が必要です。

「私はこれをします。これをしません。なぜなら、これが良いと思っているからです。」

何を選択するにも、その人オリジナルの「物差し」「行動基準」があれば
それが「その人らしさ」として周囲に認識され、生命体として一層輝きます。

他人を尊重していながらも、自分軸がブレない生き方。
これこそが、次元上昇した、意志を持った、神のような人…
「自分の中の天才性」「内なる神」を顕現しながら生きる神人間…
と言えるのではないでしょうか。

ミチハウスでは、天才性を発揮しながら、その人らしく生きて、
それが多くの人の喜びに繋がるような、能力づくり・場づくりを目指しています。

そのために「価値観」の確立に役立つような企画も考えています。
相手に対して尊敬の念を抱きながら
「コミュニケーション」や「対話」をするイベント等も、ミチハウスで開催してゆきます。

ぜひご参加ください。お待ちしております。